雪の日に催す飲み会の対策 022



飲み会の開催日に雪が降ってきた場合、幹事の役割がだいぶ増えます。雪が落ちてきても、積もることなくすぐに消えてしまう程度なら問題はありません。でも、積もってくる降雪は、大きなトラブルも運んでくるので注意が必要です。雨の日と同じように交通トラブルを引き起こします。クルマは渋滞に巻き込まれて、電車は運転を見合わせる場合も出てくるため、情報収集が欠かせません。無事に家に帰れるように参加者の帰りの手段を確保するため、飲み会を始める前にきちんと確認します。幹事は、帰りの手段が危うい人に対して、飲み会の欠席をすすめたり、宿泊できるホテルの予約を代行します。降雪が原因で飲み会を中止にすることも考えながら、参加者の安心を確保します。
ハンカチとティッシュの持参も必要で、手先を温めるカイロがあると便利です。雪の日の飲み会は、参加者の戸惑いがちな気分を幹事がしっかりと支えます。

雪の日の飲み会だからこそ 気分を温めて参加すること



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!