開催日の決め方のポイント 005



開催日は、参加者全員の都合を考えた上で、もっとも適した日を選んでいくだけです。ひとりやふたりはちょっと厳しいスケジュールになるかもしれないけれど、そこは頑張って合わせてもらうしかないのです。給料日の都合上、月末の開催希望者が多いと仮定して調整していきます。月の中頃は、出費を控える傾向が強いため、外した方が無難です。
そして、参加者全員が土日休みと考えて、曜日設定も行ないます。休日前がやはり適していて、金曜日が圧倒的に希望されます。週末の仕事帰りに飲み会に参加できることが、充実した生活感を高めるのです。また、土曜日や日曜日にわざわざ飲み会のために家を出るのは嫌がられます。少なからず損得勘定があって、誰もがプライベートな時間を大切にしたいものです。土日休み以外の職場の飲み会は、仕事が落ち着くときに催します。幹事が決めた飲み会の開催日は絶対です。自信を持って調整することが大切なのです。

何日に催すのか、何曜日に催すのか 飲み会の開催日の調整に迷わないこと



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。