飲み会をプロデュースする 001



飲み会とは、忘年会、新年会、歓送迎会など、会社やサークルなどの仲間内で催す宴会としています。さらに、恋人候補を探す少人数制(5対5くらいまで)の合コンも含まれています。幹事は飲み会をプロデュースすることから、その役割が始まっているのです。 「幹事、お願いね」と名指しされて、嫌々ながら幹事を引き受ける場合もあります。どちらにしても幹事は飲み会の中心となって突っ走らないといけません。季節行事的な飲み会は、早め早めに準備を始めれば何の問題もありません。
では、自らが飲み会をプロデュースしたい場合はどうしたらいいのか。それは、たくさんの飲み会に参加することが正解です。 自分から出向いた飲み会の参加者に声をかけて、知り合いの輪を広げていくことで別の飲み会をプロデュースするのです。 飲み会の場で、次の新たな飲み会が生まれます。飲み会をプロデュースするためには、飲み会に参加して、飲み会を徹底的に知ることが大切です。

幾多の飲み会に顔を出して 次の飲み会の話を振り蒔いていくこと



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。