もっと真剣に農業を考える



年賀状を手書きで書いているので、大忙しな週末です。
せっかくなので、メッセージを寄せてもいます。

さて午前中に、今年最後の農業塾がありました。
まあ振り返れば、自分たちで土づくりから
収穫までやって来れたんですから、たいしたものです。
イベントで販売にも挑戦できたのは、貴重な機会でした。

仲間とよく話すのは、農業で食っていけるのか、
ということなんです。
その答えは、イエス。でもたいへん。
農業で儲けるためには、今までと同じことを
やっていてはいけないのです。
これは、どんなことでも言えそうですね。

じゃあどうするのか。
話にあがるのは、ちょっと変わった野菜を育てるのです。
例えば、パプリカ、ズッキーニ、紫大根など、いろいろです。
さらにそれらの食べ方までを消費者に伝えていくんですねー。
これこそがあたらしい商売となり、
農業でも食っていけることに繋がるのです。

こういった知恵を出すのに、
政治家の力は、必要ないのかなと感じます。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
野菜泥棒って、多いのです。さらに、農具泥棒、苗泥棒もいます。
先進国と言いながらも日本はそんな状態です。
農業が衰退していくに連れて、
その泥棒が多くなるのではと危惧しています。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。