若者の投票率の低さが示すこと



駅前の街頭では、最後の演説が行なわれていました。
しかし、名前を連呼するだけで、
結局どんな政策を考えているのか、聞こえて来ないのが残念ですね。

最後になりますが、
選挙戦の論点を自分なりに考えてみるブログ。
今夜は、投票率についてです。
少し、論点からはズレますがご了承ください。

若者の投票率が約50%で、高齢者が約80%だそうです。
さらに人口の多さも加味すると、
そりゃ高齢者に語りかけた方が効率がいい。
すると、若者への呼びかけが低下してしまうんですよねー。
だから若者は投票へ行かない、なるほどそうかもしれません。

ではどうすれば投票するのか。
たぶん政治家が変わらなければいけないんでしょうね。
選挙だってコミュニケーションです。
語りかけなければ、返事ができません。
若者の投票率の改善は、きっと単純なことなのです。

いよいよ明日、投票日。
僕は自分の一票を入れる人、政党を決めています。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
そういえば、都知事選ってどんな感じなのかな。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!