議員削減はどうなっているのか



東野圭吾さんの本を夢中で読み終えてから
日課としている夕方のジョギングに出掛けようとしました。
素早く着替えをして一階に降りて、玄関をガラッと開けてみると
雪がしんしんと降っていました。冬ですね。

今日も風が冷たかったです。
新聞に選挙用の広告が目につくようになりました。
どうなんでしょう。公職選挙法で縛りがあると思われますが
とにかく候補者の顔を大きくすればいいというものなのかな。

議員削減について、候補者から意見が聞こえてきません。
まあ、議席を減らすというんですから、良い話ではありません。
自民党と民主党は、大筋合意の上で議席を減らす方向のはずです。
極端に言えば、今回の選挙で当選しても
その減った議席に当った政治家は落選になるのかな。

しかも、一票の格差問題で違憲状態での選挙戦です。
数は忘れましたが、過去最高の立候補者数の今回。
当選確率はもっとも低いということでしょうか。

政治家はもっと少なくていい。
そうすれば、こんなに政党が乱立することはなかったのかなと思います。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
来週も頑張っていきましょう。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。