外交と安全保障をどう考えるのか



急激に寒くなってきました。
北風がビュービューと待っています。
いつもよりもひとつ厚着して、床につきたいですね。

さて、選挙戦の論点を考えるブログ。
今回は外交のける安全保障を考えてみます。

日本の隣国というと、韓国、北朝鮮、そして中国と台湾です。
北朝鮮は置いておいて、経済発展が著しい国ばかりですよね。
だから、外交力はものすごく強いです。
儲かっている国は自信満々なのですね。昔の日本と同じです。

国土の問題で、日本は劣勢状態ですが
話し合って解決するしか道はありません。
北朝鮮は、再びミサイル発射の準備を始めています。

にも関わらず、外交問題は今回の選挙では蔑ろにされています。
米軍基地問題もそうですね。
アメリカとの関係を見直すことから、
外交問題の解決に繋がっていくのではと思います。

一癖も二癖もある外国諸国と、正面から立ち向かえる政治家って誰だろう。
…。思いつきませんね。うーむ。
ころころかわる首相から何とかしないと
外交はうまくいかないのかもしれませんね。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
街頭演説って、マイクの音量がでか過ぎて、うまく聞き取れませんね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。