原発は存続か廃炉か



クリスマスのイルミネーションが輝き始めています。
ああ、もう年の瀬も近いなと感じるものですね。
ここにきて、選挙も重なったから慌ただしさも一層です。

さて、相も変わらず家の近所には選挙カーが来ていません。
でも、自分なりに論点を考えていきたいと思います。

原発は今後、どうすべきか。
再稼働した原発がひとつあるだけで、
残りは施設があるけれど、止まっている状態です。
そして、未だに暴走している原発もあります。

原発は電気を作るところです。
一旦、日本にある全ての原発が止まっても
電気の供給がまかなえたところを見ると
じゃあ、なんで原発が必要なんだという話ですね。

この辺りはまだ勉強不足なんですが、
それまでに主力だった火力発電よりもコストが安く電気が作れるから
原発建設に拍車がかかったのでしょうか。
もちろん、廃炉までの行程を度外視で、コストが安い、
と言っていたと記憶します。

じゃあ一体、原発をどうすれば良いのか。
再稼働している原発をとめる、そしてすべての原発を廃炉に向けての行程を作る。
使用済み核燃料の処理方法を考える(これは世界的な議論だと感じます)。
その間に、太陽光や水力などのクリーンエネルギーを確立していくのです。
地震大国には、原発は不向きです。

金が掛かりますよね。
原発の廃炉費用、電力供給をつなぎ止めるための火力発電のコスト増(液化天然ガスはもっともっと値が上がってしまうのでは)、クリーンエネルギーの創設費など。
うーむ。

原発のことを考えるのも必要ですが、
もっと電気の無駄遣いを無くそう、という活動が必要ですね。
24時間営業ってどうなの、自動販売機ってどうなの、など。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
自家発電も検討していきたいです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。