消費税増税は賛成か反対か



選挙が公示されました。
今朝はさっそく、地元の駅周辺に候補者の車が駆けつけていました。

今回の注目すべき論点は
「消費税」「TPP」「原発」ということは
各紙でも導かれています。
合点がいく点でもあり、自分でも学ぼうと考えます。

消費税は増税でシナリオがすすめられていますが、
確かある時点での経済状況によって最終決定だったと記憶しています。
だから、反対の姿勢の党がのし上がって来たら、
増税の話は無くなります。

そもそも、消費税の増税は必要なのか。
増税をぶっちゃけた政党は、社会保障費に回すために
増税する、と言っていたので、それは違うはずですよね。
徹底した無駄の削減がなされていないんですから。

消費税を考えるときは、時系列な頭が必要だと僕は思っています。
10年ごとか20年後を見据えるのならば、
増税の準備が必要です。人口構造の変化を見れば明らかでしょう。
では、この1年を見据えると、減税が必要ではないでしょうか。
とにかく、消費が増えないといけないですから。

閉塞感、不安感がいっぱいの現状を打破すらために
増税は「×」で、できれば減税、というのが僕の意見です。
でも、減税した分の財源確保が難しいとするなら、
今の5%なのかな。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
政治家任せにできない、と言うのなら、自分でも勉強しなければいけませんね。
ふうー。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。