松阪市の和田金さんへ



日本で高級肉にあげられる松坂牛を
食べる機会に恵まれました。ありがたや。

向かった先は松阪牛元祖「和田金」さんです。

http://hp-mie.net/wadakin/

すべてに感動を覚えましたね。
料亭の威厳、仲居や調理長の姿や言葉、そして料理。
もうね、すごいよ、ほんと。

料亭はホテルのように各フロアが個室化されていて
通されたところは、純和風の設えなんです。
おー、ワンダフル。フロアには、巨大な屏風絵が鎮座しています。
そして、着物を羽織られた純和風美人が
笑顔で出迎えていただけます。
この際だから精一杯贅沢をして料理を注文したのです。
驚いたのが、持って来たいただいた料理を仲居さんが
その場で焼いたり、鍋を切り盛りしてくださるのです。
おー、恐縮です。
松阪牛を扱っている料亭のすべてが
そういう接客が知りませんが、大満喫でしたねー。

一生に一度かな、と当初は思っていたけれど
また来たい、と帰りがけには考えが変わりました。
そのためには、一生懸命働きたいです。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
和のおもてなし、それこそ世界に誇れるなと確信しました。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。