ふつうの人生こそ幸せ



ふつう、という言葉を自分でもよく使います。
そして、人生においてとても大切だと僕は思っています。

どんな人生を送りたいかと考えると
やっぱり、幸せな人生、楽しい人生を送りたいものです。
けれど、ふつうの人生だっていいものではないかと僕は思うのです。
ふつうの人生を目指すことで、ずいぶんとリラックスできるように感じます。

ふつう、という言葉で思い出すことがあります。
福島県出身の小学生の女の子
「わたしは、ふつうの子供が産めますか」
全盲の方
「同僚とふつうに仕事がしたい」

その、ふつう、にものすごく色々な願い、感情、意味が
込められているのと思うのです。
ふつうの人生は、あんがい悪いものじゃないんですよね。
良し悪しだけじゃない、もうひとつの選択肢なのです。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
カレー屋さんにいくと、カレーの辛さを、ふつう、で頼むのと似ているのかも。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。