行員の対応に拍手喝采



この前、銀行に行ったら
何だか奇妙な光景を見ました。

混み合っている行内での出来事です。
行員「お待たせして、大変申し訳ございません」
お客「いつもあやまってばっかね」
行員「大変申し訳ございません」
お客は、ため息まじりでイスに座りました。

難しいですよね。
行員としては、待たせてごめん、という気持ちで
言っているのだけれど、客はそうとは捉えてくれない。

かといって、混み合っているからしょうがないよ、
なんて顔して言ったら、クレームを受けるでしょうね。
何か、ギスギスしていませんか。

まあ、お客もちょっと意地悪そうな顔をしていたので
そういった態度をとるのにも納得なんですけどね。

行員は、それでも低身低頭の心持ちでした。
すばらしい。
いろいろ苦労が多いと感じますが、笑顔で頑張ってほしいです。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
お客がえらいか、というと、そうでもないと思うなあ。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。