木下半太「悪夢のギャンブルマンション」の書評



作者の悪夢シリーズのひとつです。
テンポよく読めるのは、このシリーズの醍醐味ですね。

とってもわかり易いストーリーです。
膨大な借金をして、それを返すためにギャンブルに挑みます。
でも、大金の裏にはヤクザの影があるということなんです。
登場人物にオカマを設定しているところが面白いです。
死体や次々に出て来て、血が吹き出る場面もあるけれど
オカマが緊張感を和らげてくれるのです。

いかさまだらけのギャンブルに、
裏切りに裏切りが続く始末でもあるし、
結局、ギャンブルマンションから脱出できたけれど
背負っていた借金は一体どうなってしまったのか。
まあ、チャラということだと思います。

一度読み始めたら、
一気に最後まで読むことをお勧めします。痛快です。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。