忘れていけないことは多い



仕事で、前回と同じことをやろうとするとき、
実績ができているために、
いろいろ都合良く進んでいくと思うものです。

でも、そううまくいかないんですよねー。
例えば「前回と同じでお願いします」
「去年やってもらったので、今年もお願いします」
などと、ぼくは人に頼みます。

すると、「おぼえていない」「そんなことやったかな」
と言われるんですよねー。かなしい。
やったことを覚えていないんですね。
10年も前のことを言っているのではないので
覚えておいて欲しいと願います。

自分がやったことを忘れるかな。
忘れてしまいたいことは、人間の本能として忘れるだろうけれど
せっかくみんなでやりとげたことなんだから覚えて欲しいな。

たぶん、忘れてしまう人は、本気じゃなかったんだと思います。
だって、学ぼうとしていたら、覚えますよね。
厄介事は引き受けたくないから、ただの断り文句なのかなとも考えちゃいますね。

確か、野球の松井選手(ゴジラの方です)は、
すべてのホームランの打った球種、球場なんかを覚えていると
テレビかなんかで言っていました。
経験を生かすことは、全身で覚えていることが前提ですよね。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
前回と同じことを説明するのは、やっぱりもどかしいです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!