地方病院のこれからの役割



健康診断を受けるために、ずいぶん久し振りに病院へ行きました。
地元では名だたる病院だけれど、地方病院に値するところです。

僕自身、病院は苦手な場所ですが、
近所のお年寄りにとってはありがたい場所だと思われます。
現に朝からたくさんの方が診察待ちの状態でした。

極端に考えてしまうと、
病院に人が集まって、そこには何かしらのコミュニティが存在します。
人生が豊かになる試みがあると良いですよね。
例えばおはようの挨拶を交わしあうとか。

病院というと、病気気味の方だけがあつまってくるため
元気な方も来院する病院があっても良いんじゃないかと思います。
診察に支障が生まれると言われればそれまでなのですが。

高齢者が多くなる時代、地方病院の役割だって
変えていっても良いのだと感じます。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
ずーと健康でいられれば幸せですよねー。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。