バリウム初体験の苦闘



本日、健康診断を受けてきました。絶食&絶飲は、もう大変でした。
昨夜はあまりの空腹で眠ることができず、今朝はフラフラ状態。
それでも、何とか無事に健康診断を終えることができました。

身長や体重を測ったり、レントゲン撮影したりと
順調に診断を進められました。
一番苦労したのが、初体験のバリウムによる胃の検査なんです。
バリウムって、あんなにまずいものなんですねー。
まあ、おいしいバリウムは、診断らしくないと言えばそうなんですが。

ひとりで苦闘したのが、ゲップを抑えることです。
ご賛同いただける方も多いかもしれませんが、あれは辛かった。
先生から、「ゲップを堪えてくださいね」と言われて
特に大丈夫だろうと、タカをくくっていたのですが、
バリウムを飲んだとたんに、ゲップが漏れてきそうでした。
「やばい」と思いながら、体をゴロゴロ動かさなければいけない惨めさ。

終始ゲップとの戦いで、「はい、息を止めて」と言われても
すでにゲップを堪えるために息を止めてるんですよー、先生!
おならを堪えたことはあるけれど、ゲップのそれは人生初でした。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
さて、健康診断の結果通知が楽しみです。たぶん、問題ないと思いますが。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!