夢や希望はどこにあるのか



広告の仕事に携わっていると、
いろいろな人と会うことができます。

バリバリ働いている人、
家庭を省みない人、
大丈夫かなと心配になる人、
仕事しないなあと思う人、
口だけの人、
約束を守らない人、など
とにかく人って、見ているだけで面白いなあと思います。

そのひとりひとりに、当然、夢や希望があるはずですよね。
そのことを聞く機会があると、やっぱり盛り上がります。
いつも気になるのが、何年先の夢や希望なのかなということなんです。
30年も先のことを考えて行動するのは中々難しいと僕は思いますが、
10年先とか、5年先くらいなら、適切な判断ができるのではないでしょうか。

ただ、大震災後の日本では、それも難しそうです。
よくて3年先を見据えていきたいと思っています。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
日本の政府は、一体何年先を見据えているのでしょうか。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!