原爆に日に想うこと



67回目の原爆に日を迎えた今日。
まずは、黙祷を捧げると共に、平和を祈念します。

そもそも平和って、一体なんなのでしょうか。
自分だけが平和ならそれで良いというわけではありませんよね。
家族、地域、市、県、日本、世界、と平和の領域はどんどん広がっていきます。
では、ぼくはどの平和を願うべきなのか。もちろん、全てです。
でも、ありとあらゆる平和を願っても、個人の力はとてもちいさなものです。

力を合わせて、平和を獲得しなければいけないんですね。
原爆と、原発の恐さを知った日本に、やっぱり原発はいらないのではないでしょうか。
一人一人の力を合わせて、脱原発。これこそ、日本の平和への道だと感じます。

経済発展後の国のあり方は、どれが正しいのか。
脱原発もひとつの方策だと想っています。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
広島の平和記念館に訪れたいですね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!