子供たちの本気



夏休みに入った甥と姪が遊びに来ました。
とても賑やかなことで、僕自身も楽しかったのです。

小さな入れ物やスコップを器用に使いこなして、
土遊びが大好きで、土でケーキを作ってくれたのです。
うれしいですねー。ほんと。

ここで僕たち大人が、きちんと本気で一緒に遊ばないと怒られます。
ちゃんとやってよ、と言われるのです。
子供たちは見ているんですよね。土いじりしながらもこの叔父さんは
遊んでくれるのか、とね。

だから、いやいや遊んだりしてはいけないのです。
そしてやらされている感を出してもいけないのです。
大人も本気で遊ばないといけないのですよ。

作ってくれた土のケーチを、おいしく食べる振りをして
もっと甘いのをお願いします、と子供たちにオーダーするのです。
多感な時期だからこそ、大人がやるべきことが多いと思っています。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
今度はお盆に遊びにくるそうです。待ってるぞー。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!