地元を盛り上げる活動



今日も暑い。本当に暑い。
そんな中、地元を盛り上げるための会合に参加してきました。
特にお小遣いがもらえるでも無いのに、せっせと出掛けるのです。

ぼくの地元は、愛知県一宮市で、むかしむかしは繊維で発展した街です。
全国から人が集まって来て、多いなる躍進を遂げたのです。
そして、その発展は当然のように続くわけが無く、今では
繊維が衰退した街、として本などで取り上げられています。はあー。

で、繊維発展後の、ぼくたち次の世代が
何をもってこの街を盛り上げていくのかというのが課題なんですよね。
そんな議題で話を進めていくと、だいたいが悪い点ばかりで白熱してしまうものです。
これも必要かもしれないけれど、やっぱり良い点だってあげたいです。
いっぱいあるんですし。交通の便が良くて、名鉄もJRも走っていて、
生活の買い物に不便はありません。名古屋や岐阜にも近いのです。

でも、産業が無いのです。そして、市の借金が多いのです。
繊維で儲けた人は、安泰な人生を送れるかもしれませんが、
次の世代が大ピンチなのです。特に膨大な借金がね…。
どこの街もそうだと思いますが、大きなテコ入れが必要です。
だから、僕は今、できることから始めています。
同志が集まっての会合を重ねるのでした。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。
さあ、明日の日曜日は読書三昧です。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!