米澤穂信「儚い羊たちの祝宴」



新々気悦のミステリー作家が書く5つの短編がつまっています。

一人称によるとても柔らかく軽い語り口調が、物語を導いていきます。ただ、その内容は残酷で、ときには鼓動が激しく高まります。全編に共通してでてくるのが読書サークルのバベルの会。この会が起点となり、巻き起こっていく事件もあります。

第1編の「身内に不幸がありまして」は、最後の一言にぞくぞくっとしました。高尚な人物設定に、やきもきすることもあります。

読後は気分が打ち痺れますね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!