田植えの季節



6月に入り、愛知県下では田植えシーズンです。

一面に広がる田んぼに水が張られて、見ているだけで気持ちが洗われる様相です。田んぼによっては、すでに稲が植えてあり、すくすくと育っていく前触れが伺えます。自然と目が細くなりますよね。

やっぱり、日本には田園風景がとても似合い、いつまでも残していきたいものです。僕自身、少しずつですが農業に取り組み、稲作にも力を入れていきたいと思っています。

世界的な状況はわかりませんが、農業が衰退しているのは日本だけなのかも。テレビや新聞、雑誌で、例えばアメリカで農業の後継者が不足している、という内容は見かけないな、とふと思いました。間違っていたらすいません。

もうすぐ梅雨に入り、暑い夏が来て、収穫の秋へ。日本の四季を感じながら、田んぼを見つめていきたいですね。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。育てた米で炊いたご飯は、うまいにちがいない。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。