充電式の乾電池



充電式の乾電池を使っています。あの大震災ももちろん教訓となり、乾電池ひとつにしても大事に使っていきたいと思っているからです。

でも、問題が。何と言っても充電した乾電池は電力が弱いのです。つまり、乾電池としての役割を充分に果たしていないのですねー。自転車のライトを点けるために、使っていますが、その明かりが暗いのです。全然、意味が無いのです…。振る充電したはずなのに、暗いからまいりました。これでは、充電式を買ってもしょうがないのです。さて、どうしたものか。そもそも欠陥品のような気もしますが、メーカーさん、その辺はどうなのでしょう。

そして、今さらですけど、充電式の乾電池は、大震災前でも作る技術はありましたよね。でも、なぜ作らなかったかといえば、売上が減るからです。乾電池を消耗品として、どんどん使い捨てしてもらうためですかね。技術が泣きます。

技術が海外へ流出すると騒がれていますが、そもそも技術とは何かを考えたいな。生活と切っても切れないものだと思います。技術は求められている時に、発揮したいですよね。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。充電式の乾電池は、どれくらい普及しているのかな、気になります。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。