シェアワークスペースの考え方



大きめの倉庫内をリフォームして、4つくらいの事務所をこさえようと計画しています。4つの事務所が同居するってことです。ただいま、建築屋にプランを考えてもらってます。

防災設備もしっかり整えていきたいのですね。ここ愛知県にも大地震は来ます。その時を想定して、緊急の避難生活ができるようにもしたい。非常食、ガスボンベなどの備蓄、薄いタンクを設置しての水の安定供給、毛布の保管、救急道具も必要です。

電気のことも考えると、やはり太陽光発電システムの設置となります。うーむ、お金が掛かる。でも、安心や安全は、お金をかけなければ何の保障もされませんからね。

広島でホテル火災が発生しましたが、お金が掛かるので安全を考慮した改築ができなかったと聞きます。お金はないのは現実かもしれませんが、万が一のために安全確保は必須ですよね。今回の大地震の教訓です。何かことが起こってしまうと、色々明るみに出てくることが多いです。

シェアワークスペースの運営においても、絶えず改良を重ねていきたいです。

今日も僕のブログにお越しいただきありがとうございます。まずは、建築プランをつめていきたいです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。