語尾に「〜ね」



雨が降ると気温が下がり冷えますね。窓の外では、うっすらと靄がかかっていました。寒い訳だ。

営業マンは丁寧な接客は当然ですが、丁寧すぎてしまうのもどうかと思います。特に言葉遣い。良く聞かれるのが、語尾に「〜ね」とつけてしまうこと。たぶん、マニュアルにはそんなことが一切書かれていないはずだけれど、丁寧に、親切に、親しみやすくを心がけての結果なのか、やたらに「〜ね」とつける始末です。

この前だと、うちの親に向かって「またね」と言っていました。そこまでくると、腹も立ち、気持悪く感じます。こちらは客であり、そういう言葉遣いでの接客を望んでいませんから。あちらはそれを良いとしている姿だもんで、付き合いたくなくなります。商品やサービスが似通っている今、営業マンの言葉遣いは当然問われるだろうね。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。自分も気を付けいたです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。