感じのいい断り方



そろそろ冬支度を、と思い、無印良品へ買い物へ。事前に買うものを決めて行きましたが、実際に商品を目の前にすると考えが変わっちゃいますねー。結局、買う量は少なく済ませましたよ。

カフェなんかで珈琲を注文すると、店員さんが「ご一緒にケーキをいかがですか?」と言ってきます。そりゃ商売ですからね。で、こちらとしてはその断り方に頭を悩ませてしまいます。ケーキは好きだけれど、珈琲一杯で良いもんね。「いりません」だと感じが悪いし、「いいです」だとありふれた言い方だし、散々悩んだあげく「お腹いっぱいだから食べられないよ」という案が浮かびました。

これだとちょっとユーモアがあっていいかな。断る方も、断られる方も、やや笑顔になるんじゃないかな。それを何回か使ってみましたが、おおむねいい塩梅です。で、今ふと思ったんですが、「じゃあ、お待ち帰りでいかがですか?」と返されたら返答に窮するなあ。まあ、そこまで駆け引きしてくる店はないのかもしれません。うん。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。明日は雨っぽいですね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。