2019年は長雨で、梅雨明けはもう少し先でしょうか

ブログ20190722



7月22日現在、こちら東海地方はまだ梅雨明けしていません。昨年はだいぶ早く7月9日頃に梅雨明けしていて、例年ですと7月21日ごろだそうです。2019年の梅雨明けはそろそろかなと思いますが、週間天気予報を見る限り、もう少し先かなとも感じます。

九州地方の豪雨による災害に比べたら、私ごとの雨による悩みは小さなことです。けれど、長雨による影響は少なからずありますね。イベントに携わっていますが、その準備がなかなか進みません。雨天で順延となりますから。順延したその日だって、雨が止むとは限りませんので悩ましいです。

イベント開催日に雨が降り続くと客足が遠のき、イベント自体の収益が目減りします。雨天対策はとても大切になってきますから、その準備も進めていきたいです。カッパだってあった方がいいですし。

そして、雨天による日照不足は、作物の成長を鈍らせます。米、野菜、果樹などを育てていますが、その影響が出ています。米は成長に差が出ていて、一部で成長が未熟の苗もあります。野菜の苗はうまく育たないため、秋野菜の収穫量が減ると思います。果樹においては、実が小さいかな。今年の長雨を喜んでいるのは雑草ですね。

梅雨明け後、青空を背景にお中元を持参して得意先に出向きたいものです。梅雨明けが待ち遠しいのは、僕だけではないでしょう。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!