分煙されたカフェ



インフルエンザに注意という季節柄。マスクをして外出しましたが、結構マスクしない派がいるんだなと。そのことがインフルエンザの拡大に繋がっていたらシャレにならないね。

喫煙と禁煙が分かれている分煙のカフェに入りました。絶対に禁煙席と思いましたが、空席がなく、喫煙席に座りました。もうね、喫煙スペースに入った瞬間から頭痛がしました。まあ、ここから喫煙という案内を見ただけで吐き気がしましたけどね。注文してから席を探したもんで失敗でした。喫煙席しか空いていなければ、諦めて帰りますもん。

いやいやながら喫煙席でコーヒーをいただきました。もうね、ほぼ息を止めながらのカフェタイムでしたね。しばらくすると目が痛くなってきたし。空調の調子が悪いのか、店内の空間が紫煙で充満していました。よく見ると、床にはゴミが散らばっているし。ほんと、居心地が悪い悪い。まあ、こういう店もありますね。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。分煙というよりも、タバコを吸いたい人は外で吸うのが一番いいんじゃない。他人の紫煙ほど、嫌なものはありません。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!