米、柿、みかんなど、収穫時期がもうすぐです

柿20190826



暑さが少しは和らいできました。朝起きてから、軒先で寝ぼけた頭をリフレッシュするんですが、肌寒いくらいです。もうすぐ秋ですね。

収穫時期をまもなく迎える作物がいっぱいです。米、柿、みかん、栗など、順調に育っています。若干、雨が多かったためか、稲の育ちがまばらですが収穫に影響はないと思っています。梨の樹が葉の病気にやられて、今年はダメで来年以降に期待です。また、去年に植樹した桃、りんごは、あと2年は年数が必要だろうと思っています。

米20190826 みかん20190826

収穫した物は、自分家で主にいただきますが、親戚や近所へお裾分けする場合も多いです。来年は、いくらか売りたいと企画しています。市場の半値くらいでいいでしょう。

もっと収穫面積を田んぼにしろ、畑にしろ増やしたい希望はあります。でも、現実的に開墾作業が追いつかないので悩ましいです。周辺の耕作放棄地から雑草の種が飛散してくるのだって、大迷惑ですし。

大自然のローケーションがあるわけではなく、水だって一般的な農業用水で人工的です。恵まれない環境下で、農業をどう維持継続していくのか。行政はこんな中途半端な地域の農業には無関心でしょう。行政がそうであったとしても、自分としては大切な問題ですので、コツコツといい方向に向かうように小さく取り組んでいます。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!