夏の日の1993



今日も雨が降って来たと思ったらすぐにやんだり、カラッと晴れて蒸し暑くなったり、気温差が激しかったですね。体調管理が大変です。ふぬ。

車の運転中、ジップFMを聞いていたら、夏の思い出の曲と言うコーナーをやっていました。いくつか上げられる中、「夏の日の1993」という僕も大好きな曲があったんです。高校か大学時代に聴いた曲で、とても懐かしく感じました。カラオケで歌おうとすると、キーが高いもんで歌えないんだよなあ。昔によく聞いていた曲が流れると、なぜか涙が出てしまうのは単に歳を食っただけなのかしらん。ふふ。

「夏の日の1993」には忘れられないもうひとつの思い出があって、検索すれば出てくるのでここに書いてしまうと、class(クラス)という男性デュオグループが歌っていて、その内のおひとりがガンで亡くなっています。実は、その方が亡くなる前に、名古屋でシークレットライブをやって、生歌を披露してくれたんですね。幸運なことに、なんと僕はその場にいたのです。うわあ、本物だと思いましたね。あまりにも昔過ぎてそれ以外の感想がうまくでてきませんが、あのときの情景はちゃんと覚えています。ガンに患っていることも話し、もう名古屋に来れないかもしれないのでまだ元気なうちに来ました、と言っていました。「夏の日の1993」を聞くと、涙が出てくるのは、その方への感謝の意味もありそうです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。シークレットライブ後、1週間後だったか、1ケ月後だったか、その方は膵臓がんで亡くなったと新聞の訃報で知りました。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。