WordPressで「PHPの更新が必要です」と表示が出た時の対処

php20190904



ワードプレス(バージョンは5.2.2)を使用していてダッシュボードに、「PHPの更新が必要です」と表示が出てきた時の対処法をまとめていきます。

ワードプレス20190904_01

利用しているレンタルサーバーはロリポップで、PHPバージョンは「5.6(モジュール版)」です。このバージョンを最新の「7.1(CGI版)」にする作業となります。

PHPバージョンの変更によって、サイト表示やプログラム利用に影響が出る場合もあります。事前の動作チェックやデータ保存をお勧めします。また、ロリポップですと、テスト環境で動作チェックできる有料のシステムがあります。

PHPバージョンを確認して変更します

ユーザー専用ページの「サーバーの管理・設定」>「PHP設定」を選択。

ワードプレス20190904_02

変更するドメインのPHPバージョンを選択して、希望の「7.1(CGI版)」を選択後、すぐ横の「変更」をクリック。設定の反映に、約10分ほどかかります。

ワードプレス20190904_02

エラーが出た場合

PHPバージョンの変更を行った際、ワードプレスのログインに不具合が起きたり、データベース接続確立エラーが起きる場合もあります。その時は、データベースのパスワード形式を変更する必要があります。

ユーザー専用ページの「サーバーの管理・設定」>「データベース」を選択。データベース一覧にある「操作する」をクリック。

ワードプレス20190904_03

ユーザー名欄にある「パスワード確認」をクリック。表示された現在のパスワードをメモします。その後、「パスワードを再設定する」をクリック。

ワードプレス20190904_04

先ほどメモした現在のパスワードを新しいパスワード欄に入力。最後に、「パスワードを再設定する」をクリックしたら完了です。

ワードプレス20190904_05
“WEB補足説明”
データベースのパスワードを変更すると、ワードプレスのプログラムの記述変更が必要です。現在のパスワードの継続利用で大丈夫だと思います。
“ご注意”
ワードプレスで使用するテーマやプラグインは最新の内容にしておく必要があります。特に、古いテーマを長期間において使用しているサイトは、PHPバージョン変更時に表示に不具合が起こる可能性が高そうです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!