稲穂が出て来て、柿は色味始め、たくさんの毬栗が出て来ました

くり20190909



大型の台風や大雨によって、農作物に被害が出て地域もあります。この辺りは、そういう被害は免れたので、一安心です。

栗の樹はよく育っています。年初に剪定しましたが、その反発のためか随分と枝ぶりが良くなりました。12本の内、何本かは虫に食われてしまいましたが、収穫量は十分にありそうです。今年は、栗ジャムに挑戦予定。さて、どうなることやら。

まだまだ緑色ですが、稲穂が出て来ました。田んぼ一面の稲に、一斉に稲穂が育みますから、その風景は自然お恵みそのものです。大雨の日が多かったり、気温の上昇が激しかったりで、今年は特に雑草の成長が早いとも感じています。その除去にはだいぶ労力と時間を割いています。稲刈り前に、もうしばらくこの作業が続きそうです。また、稲の高さにバラツキがある為、その原因が気になっています。近所の農家さんにきいたら、「土の養分の差だろう」と言っていました。改良が必要ですね。

稲20190909

柿の実は少しですが、色づき始めています。雨風によって、一部で実が落ちてしまいましたが、たくさんの実が残っているので、収穫が楽しみです。柿が欲しい!という知人が何人かいますので、出来るだけたくさんの知人に喜んでもらえるように、収穫までしっかりと守りしたいと思います。

柿20190909

週末の日曜日くらいしか農作業ができていません。とても追いつかないですね。それでも、ライフワークとしてようやく馴染んできました。来年は土の整備かな。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!