稲穂がたわわに実り、稲刈りの時期に入りました



天気が落ち着きませんが、秋が深まって参りました。田んぼの土づくりから始まった米作りは、いよいよ収穫時期となっています。

今年は、倒れている稲を多く見かけます。うちの田んぼの稲も一部ですが倒れてしまい、作業に支障を起こしてしまうと思っています。なぜ倒れてしまうのか。今年は長雨でもあったし、雨量が多かったのが原因と言えそうです。苗が多くの水分を含むと、その分、大きく育ちます。稲は横に大きくなるのではなく、縦に大きく伸びていくので。そうなると、稲穂の重さを支えきれずに、だらりと倒れてしまうのです。もちろん、台風による強風や、トラックや自動車の煽り風の影響もあります。

稲穂が土まで届いてしまうと、土の湿気で稲穂が腐ってしまうので頭が痛いところです。

うちは手刈り作業で収穫してきましたが、今年は断念。手刈りして、乾燥させて、脱穀する、という一連の作業の時間が取れないためです。さらに、この時期でも雨が降りやすいため、田んぼの水引が悪く、土が乾かないため作業できないのも主因です。

近所の農家さんに、コンバインでの稲刈りをお願いしてあります。再び台風到達の予報があったり、雨マークもあったり、今年の米作りは、天気に悩まされたなと現時点でも強く思います。

また、柿の収穫を始めています。樹によって、育ちが異なっていますが、色味がついた柿を順番に収穫。こちらにおいても、天気予報を見ながら、晴れた日に作業します。

秋は作物の収穫が目白押し。そんな中、台風による被害が食物の産地に広がってしまったことに胸が痛いです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!