コロナ禍で、新しい社会を勝手に想像します

ブログ



先ほど、最寄りの銀行へ立ち寄りました。僕はATMで振り込み作業をしていたんですが、窓口業務エリアからご婦人の怒った声が聞こえてきました。「2時間も待っていられないわ」と言いながら帰られました。

どのような目的で窓口を利用しようと思われたのか僕にはわかりませんが、確かに多くの待ち人がいました。大型連休明けのため、何をやるにしても銀行の窓口は混雑すると思いますけどね。コロナ禍が、イライラを一層強めたのかもしれません。

また、昨日に、行きつけのスーパーへ買い物に行きました。混雑の時間を避けていきましたよ、ひとりで。店内をグルグルしながら欲しいものをカゴに入れていきましたが、気になることがありました。商品によっては、品薄なんですね。パンケーキやたこ焼きなどに使う粉物だったり、パスタやカップ麺、乾麺もそうですね。

家族が揃って自炊となると、たこ焼き、お好み焼き、パスタ、パン、ホットケーキを作るのだとよくわかります。選択の幅があるはずですが、誰もが考えることは同じなのだといえそうです。

新しい社会を勝手に想像します。

外食よりも、家族揃って自炊した方が楽しいです。県外の方は来ないで言われた現状を真似て、銀行窓口へ来ないでネットをご利用くださいとなりそうです。

経済活動の再開において、今までと同じやり方ではダメかもしれません。では、どんなやり方にするのか。それが決まってからこそ、緊急事態宣言の解除だなと感じます。

僕が携わっている広告の仕事ですと、どうなるんだろう。更なるメールと電話の活用、打ち合わせ回数の短縮かな。広告の最大の目的のひとつが、人を集めることです。それが求められなくなるのかもという怖さを抱きます。

持続化給付金を申請したけれど、さてどうなるんだろう。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。