メーカーの使命



今日も暑かったですね。タオルだけじゃあ物足りないので、凍らせたアイスノンも一緒に持ち歩いています。これけっこういいですよ。体温を下げるのにぴったりです。

車の運転中。反対車線のバスがしばらくとまっていて、あれ何でだろうと思っていました。よくみると横断歩道の手間の停止線で止まっていて、更に良く見ると、そこを横断しようと思っている方がいるじゃあありませんか。つまり、自分が走っている側の車線の車が、横断歩道を渡ろうとしている方がいるのに無視して走っているからバスが動けないのでした。うーぬ。

もちろん、僕がとまって、その方がようやく渡れて、バスがようやく発進できたのでした。バスの運転手が頭を下げられたもんで、こちらもつられて下げました。いいことしたというよりも、当たり前のことをしたんだよなあ。これができないドライバーが多い。高齢者への運転指導も必要ですが、もっと本質的なマナー向上が必要です。これって、自動車メーカーの使命だと感じます。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。今夜も熱帯夜かな。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!