静かな中でも野球の醍醐味が見えたプロ野球をテレビ観戦

無観客



7月に入っています。本来なら、今月末の夏休み開始に合わせて、地元で一宮七夕まつりが催されますが、コロナで中止。当然の判断だと思います。たぶん、来年においても、開催はできても縮小だろうなと想像します。

先日、一宮駅周辺を散歩してきました。解体された建物が目立ち、更地が増えていたから街の様変わりに少々驚いています。都会の名古屋にアクセスがよく、まあまあ土地が安い方だから、土地活用の需要価値が高いです。マンション建設もいくつかありますから。問題は売れるかどうかだよなあ、コロナの影響はあるでしょうから。

何にしても、地元の活性化は大歓迎です。

さて、プロ野球が無観客で開幕しています。昨夜、テレビ中継で観戦しました。確かに、歓声や応援がないため、静かな試合と感じます。けれど、硬球がミットにおさまる音やバットが硬球を捉える音、ベンチからの歓声がテレビを通じて聞こえてきます。

それはそれでいいものだなあと僕は感じましたね。

選手からすると、無観客のため物足りなさがあるかもしれませんけど。お金の流れが少ないわけですから大変です。でも、球場にいけないファンが、テレビ観戦するわけだから、この方法が適しているのかもしれませんね。

けっこう昔、パリーグの弱かった球団の試合では、お客さんが少なかったと振り返ります。それと今回を比べることはおかしな話ですが、プロ野球は試合に勝つことが目的で、お客さん云々ではないのかもしれません。

日本って、プロスポーツがけっこう多いのかな。野球、サッカー、バレー、バスケット、ゴルフ、卓球、他にもありますよね。

コロナ禍で、なかなか関心を向けることができなくて、応援も難しい現実です。スポーツ観戦は、趣味の分野であり、やはり生活が大事ですからね。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。