自然災害の一端は



蝉が鳴いていました。ああ、すっかり夏ですね。窓の外からは、コオロギの鳴き声だって聞こえてきます。今年はどんな夏になるんだろう。

九州の福岡県と大分県に特別警報が発令されています。現地の皆様の安全を祈るばかりです。川の氾濫のニュースを見ましたが、凄まじい勢いで濁流が流れています。土砂崩れも起こっている現実は、ただ恐怖を抱くばかりです。毎年どこかの地域が、自然災害にあっている印象です。

なぜ九州に今まで経験したことが無いと言う雨が降るのか、原因の解明を願います。詳しいことはもちろんわかりませんが、やっぱり地球の温暖化が関係しているのかな。1度あがるだけでもずいぶんと環境が変わってきそうですから。例えば、高速道路も新幹線も整備しようとする方向なら、新幹線だけに絞っていけば良いようにも感じます。なんでどっちも延長、延伸しようとするんでしょうね。大きな自然災害の一端は人災かもしれないと思うと、できることをやっていきたいとなりますね。うん。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。こちらの明日の天気予報は真夏日です。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!