久しぶりのジム通いですが、マシンの使用に躊躇いも

トレーニング



先日、久しぶりにメンバーになっている近所のスポーツジムへ行きました。緊急事態宣言の解除後も、しばらく行っていなかったので、約3か月ぶりくらいになります。他県のジムで、クラスターが発生したと見聞していたので、流石に躊躇ってもいましたから。

コラな対策が行われていました。入館時の検温、窓やドアを開放、備品の使用後に自分で使う消毒済みのタオルの配布、できるだけマスク着用、使用できる備品数の削減などです。もともと、ロッカーやシャワー施設がないため、使用制限に悩むことなく、結果としてよかったですね。

利用者数は、ちょっと少ないかなと感じました。トレーニングは自宅でもできますからね。

改めて、久しぶりのジム通いで、体が鈍っていることに気づきます。自粛太りになった人も多いというから、自分もそのうちに入りそうです。体を動かしていなかったので、胃の消化も悪くなったと感じているほどですから、鍛え直していかなければと思っています。

でも、コロナは心配です。他人が使ったばかりのトレーニングマシンを使用することに、少なからず躊躇します。入館時に受け取った消毒済みのタオルできちんと拭きますが、それでも少しの怖さみたいなものが残ります。

ああ、何だかやりづらい社会です。デパートのエスカレータに乗る際、手すりを触りたくないという感覚と同じですね。

東京都の新規感染者数が200人前後と続いています。ジム通いは、経済活動と違って、今すぐに再び自粛しても個人的に何の問題もありません。コロナ対策をとっていかなければいけない時代ですから、ジムを解約すべきかなと思っています。

ジム通いをやめて、自宅トレーニング。体を鍛える努力を止めるわけにはいかないと痛感しているから、自宅トレーニングをどうやっていくかを考えていけばいいんだよね。自己管理を徹底しなければ。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。