コロナ新規感染者数が増えていて、お盆の集まりをどうするか

悩む



東海地方も、間も無く梅雨明けだろうと思いながら、青空を見上げます。コロナ禍が続いていますから、気分は晴れませんね。

日本全国の1日の新規感染者数が1,000人を越えるニュースを見聞すると、ただただ不安が募るばかりです。コロナ収束の目安は、この新規感染者数ですから、増えていく一方だと、一体何が起こっているのかと疑いたくもなります。

緊急事態宣言下での、我慢のステイホームを経ても、この結果ですから、じゃあどうすればいいんだろうか。感染拡大を防ごうとする対策を今でもとっていますが、コロナウイルスを消滅させようとする対策って、なんだろうかとふと考えます。アルコール消毒液の活用が浮かびました。

海外のニュースで、全身防護服の人が、シャワーみたいなノズルを持って、街中で消毒液を散布している姿を見かけます。日本では、ああ言うことをやらないのかな、やっているのかな。

感染が拡大している以上、さらに対策を増やしていかなければと感じます。

そんな中、もうすぐお盆の季節です。いつもは、親戚が実家に集まって、会食したり、遊んだり、近居を話し合ったりします。今年はどうするかと、悩み中です。屋外でバーベキューにしようか、そもそも会食をなしにしようか、やはり中止にしようか、と考えが巡ります。

子供たちにとっては、ただでさえ短い夏休みで、ろくに思い出もつくれないから、お盆の集まりはやりたいと思うところです。WHOは、感染拡大の原因を、若者の気の緩みだと言っています。そうなると、お盆の集まりを開くとなると、それは気の緩みになってしまうのかなと危惧します。

コロナ陽性者がいなければ、集まってもいいと考えますが、そうじゃなくて、コロナ拡大の現状、非常事態だと親戚間で共有するためにも、お盆の集まりは中止にするべきとも考えます。ああ、堂々巡りです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。