WordPressの編集画面で操作に不具合が出た場合は、ブラウザを疑う

ブラウザ



ワードプレスの最新版(5.5)がリリースされたので、アップデートしました。ついでにいくつかのプラグインもアップデートのタイミングだったので、一緒に更新。更新した時は、特に何の不具合も見当たりませんでした。

ところが、更新後、投稿しようとしてダッシュボードから編集画面を開くと、一部で操作ができないという不具合が発生。「ビジュアル」と「テキスト」の切り替えができなかったり、公開状態の変更ができなかったり、アイキャッチ画像の操作もできません。

ワードプレス

当初は、アップデート時に稀に起きてしまう不具合と思いました。使っているプラグインを無効化したり、再インストールしたり。さらに、レンタルサーバーの状態も確認。ワードプレスの再インストールも試みました。

けれど、一向に編集画面の不具合が改善されません。ネット検索しても、特に参考になるサイトがありませんでした。

悩んでいた折、ブラウザ使用が思い当たりました。現状、「サファリ」を利用してワードプレスを操作しています。そのため、もしかしたらという願いを込めて、「クローム」を利用してワードプレス にログイン。すると、不具合がなく、編集画面を操作できました。

ワードプレスの編集画面における不具合の改善策は、ブラウザを変えてみる、という結論に至りました。

“ブラウザについて”
代表的なブラウザに、マイクロソフトの「インターネットエクスプローラー」、Googleの「クローム」、Appleの「サファリ」があります。

もちろん、本当にブラウザの相性の問題かはわかりません。けれど、ブラウザを変えてみることは、ひとつの選択肢として十分に想定されると思います。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。