今年最初で最後の花火鑑賞へ。マスク着用していない人が多いことにビックリ

花火



気温が少し落ち着いてきて、熱中症対策がそろそろ必要ないと感じる季節になり始めた頃。今度は、台風への備えが出てきました。既に台風が上陸していて、沖縄や九州が暴風域に入っています。そして、太平洋上に次の台風が発生しています。備えを怠ることはしませんが、ただただ誰もが無事でありますようにと祈ります。

先日、花火を鑑賞する機会に恵まれました。今年、最初で最後の花火鑑賞となりました。全国的に、サプライズで花火を打ち上げていますが、そこは予め日時を告知していました。けっこう人が来るんだろうなと思いながらも、コロナ禍だからそんなに来ないのかもしれないという気持ちが半分半分でしたね。

いざ行ってみると、けっこう人が来ていました。みんな、花火が見たいんだなと思いましたね。

約10分間という短い花火鑑賞でしたが、とても綺麗でした。こういう時期だからこそ、なおさら綺麗に見えたのでしょう。今まで、大きな花火大会に行ったけれど、この花火は特別だなと感じます。

気になったことがあります。コロナ禍でソーシャルディスタンスが叫ばれていますが、そういう試みがなおざりにされていました。屋外だから密閉ではありませんが、人で混雑していて、ちょっと大丈夫かと危惧しました。僕たちは、主要の鑑賞スポットから離れましたよ。

また、開催場所がマスク着用をお願いしているにも関わらず、マスクをしていない人が多かったです。なんかさ、みんなでコロナ感染拡大を食い止めようとしているときに、横着な人が多かったことに残念な気持ちを抱きました。

コロナに感染しなければいい話ですが、やはり国難に対して、みんなで対策をとっていかなければいけないと思っています。

自民党総裁選に話題が移っていますが、コロナはまだ収束していませんし、いつ収束するのか不明です。秋の紅葉は、無事に見にいくことができるかな。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。