行きつけの床屋



風が強く吹いた一日でした。髪がけっこう伸びているもんで、バサバサに乱れてしまいます。ああ、床屋へ行きたい。

行きつけの床屋はかれこれ20年くらい変えていません。街中には安さや早さを唄った床屋があるもんんで、一度そういったところに行ってみようと何度も思ったものです。でも、行った事は無く、行きつけの床屋へ落ち着きます。

髪型はやはり自分の「らしさ」を発信するお洒落だから、その仕上がりに一定のクオリティを求めます。となると、気心が知れた理容師に髪を切ってもらいたいのが本音だなあ。髪を切るだけじゃない、安心や納得を買っているようなものですね。行きつけの飲み屋があるように、行きつけの床屋があるって、充実した人生に少しでも近づけるのだと思います。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。そして、行きつけの床屋を友達に紹介できれば、なお良いんじゃないかな。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。