コロナの報道が減って来ているように感じますが、対策をしっかりと

強くなったコロナ



新聞紙のラテ面(ラジオ、テレビの番組一覧が載っている面です。と言っても、ラジオ欄が別ページに写っていますから、ラテ面という方はいなくなったと思います)から、コロナの文字が消えました。購読している地方紙の話で、全国紙はどうだかわかりません。

新規感染者が少なくなるにつれて、テレビでは取り上げないことがリアルにわかります。少し前だと、トップニュースで取り上げていました。担当大臣や東京や大阪の知事が連日、テレビに出ていましたね。今ですと、ほとんど見かけなくなりました。報道とは、そういうものなのかな。これがまた、第3波が襲ってくると、こぞってコロナを取り上げるのだろうなあ。

コロナ禍は国難ですよね。毎日でも、コロナのことを真剣に考えて、テレビ番組として取り上げていかないといけないと感じます。ネットだ、デジタルだと言われていますが、テレビの影響力はまだまだ大きいです。テレビから、もっとコロナ時代の生き方を発信するべきです。

海外、特にヨーロッパで再びコロナが猛威を奮っています。なぜそうなったのか、よくわかっていないとどっかのコメンテーターが言っていました。

となると、一般人がわかるわけありませんよね。自己責任でコロナ対策をやっていますが、本当にこれでいいのだろうかと日々思っています。何をやるにしても、まずコロナを考えてしまい、萎縮しているのは否定できません。

そんな中、政府が年末年始の休暇延長を訴え始めました。年末年始の混雑を分散するためだそうです。その効果はよくわかりません。経済を回そうとしているはずだけれど、今度は休みを増やせというのだから、迷走しているのかなと感じます。初詣客が減り、神社や寺が経営難というニュースになりそうだなあ。

本当、コロナ禍による我慢の一年です。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。