11月上旬に御在所へ。紅葉の見頃はまだ先のようです

紅葉



コロナの新規感染者数が、北海道や東京都で再び増えていますね。なぜ、その数が増えたり減ったりするのか、ニュースで聞いたことがありません。増え続けたり、減っていくなら、なんとか理解できます。けれど、山あり谷ありの感染者数に、きちんと検査ができているのかなとも思ってしまいます。自分にできることは、継続しての感染症対策です。

さて、先日、御在所へ行ってきました。もちろん、マスク着用です。ロープウェイが観光名物となっているこの地域は、絶好の紅葉スポットなんです。11月上旬に、車で行ってきましたが、紅葉が色づきはじめたかなという時期。11月下旬が見頃でしょうか。

ご来場は多く、駐車待ちで車の渋滞が発生しました。ロープウェイ乗り場は混雑していたので、僕らは乗車を諦めましたよ。ロープウェイに乗らなくても、十分に紅葉を楽しめそうだったからです。

散策しながら、紅葉を見上げてきました。とても気になったことがあります。それは、廃業した旅館が結構目立っていたんですね。ひと目で廃業したとわかるほど、建物は朽ち果てている状態。窓ガラスは割れて、木材は腐っています。室内が見えていても、ほったらかしのようでした。驚くことに、家具や食器類などは、壊れていますがそのまま放置されているようです。

単純に考えてしまうと、夜逃げした後、ということでしょう。建物を解体もできずに、そのまま放置状態だと想像します。行政としても、何もできないでしょう。山を削った斜面に立っていますから、解体も大変そうです。

地方の観光地の現実。作りすぎたことによる、悪い顛末だと感じます。景観が悪くなるし、防災や防犯面においてもマイナスです。どうやっていけばいいのだろうか。
観光名所に行ってみたけれど、なんだか悲しくなりました。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。