あわやの場面



週末の金曜日。元気に走り回っていますが、花粉症気味による目の充血がまだおさまらないです。ふう。目薬が欠かせませんね。

車に轢かれそうでした。見通しの良い道を自転車で走っていると、左横から車がやってきました。どちらからも充分に視界に入っているはずで、車が停止線で止まる速度に落ちていったんです。ああ、止まるんだと思って減速しながらも、ペダルをこいで進んでいこうとしたら、車がゆっくりこちらに向かってくるじゃあありませんか!なんてこった。

ああぶつかる!と思いながらも、ハンドルをめいいっぱい反対側に切りながら避けました。車がほんの数センチまでこっちに接近していたから、今でもゾッとします。危なねえ。その場で、気をつけろ!なんて大声を出せれば良いけれど、とっさのことでもあったし、どうにも柄じゃあないようですね。人睨みしたら、恐縮な顔をしてました。こっちが優先という思いはありますが、もしかしてと考えて止まった方がいいかもしれないなあ。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。車のドライバーからすると、自転車なんか見ていないもんなあ。自転車で動き回っていると、そういうことがよくわかります。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。