いくつも真実



春日よりな祝日。ケッタ移動中にすれ違った海外の方は、すでにタンクトップ、短パンという姿でした。まだ早いような気もしますが、春だなーと感じますね。

政権が転覆しかねない現状だな。連休をのんびり過ごしていたら、事態はけっこう深刻じゃないですか。渦中の元理事長が真実を語っているのか、政府がそうなのか、もしくは官僚がそうなのか。いくつも真実が出てきているんじゃないかな。もうひとつの真実、なんて言葉が出てきていますが、一連のスキャンダルかもしれない事態は、いくつ真実が出てくるんだ、ということだなあ。

国有地の格安払い下げから、ここまで話が展開していくとは誰が想像したんだろう。元理事長が証人喚問されれば、国会の場で、誰かが虚偽を言っていることになります。権力にあぐらをかいている誰かが、後ろで糸を引いているようにも思うなあ。国民の注目をそらす意味でも、解散総選挙、あるんじゃないかな。腐敗した権力は、そういう結末になっていくのだろうと思います。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。明日は雨マークです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!