ひとり飲みに挑戦



現状、煮詰まっているなと感じたときは、自分の行動を変えてみるのが一番です。自分が変われば、世界が変わるのです。これが大切で、自分が変わろうとせず、周りが悪い、社会が悪いっていう人が多いように感じます。

行動を変えるひとつとして、ひとり飲みに挑戦しています。街をぶらぶら歩いて、本当にいきあたりばったりの店に入るんです。予約無し、知人無し、です。赤提灯がさがっている居酒屋に絞っていますよ。やってみてわかったのは、いかに見栄っ張りな自分だということです。ひとりで飲みに行くと、友達いない、彼女いない、寂しいヤツだと見られるんだろうな、と言う変な妄想がガンガン働くんですねー。それに、ちょっと怖い。ぼったくられたり、まずい料理だったらどうしようかという不安も持つんだなあ。

自分の経験やカンが頼りです。だもんで、なかなか決められないと、同じ場所をぐるぐるしていますからねー。怪しいヤツです。そんな時に助けになるのが、道路脇に出ている看板やドアに貼り出された紙切れです。「おひとり様もどうぞ」という文言があるとそこに決めてしまいます。うん。名コピーです。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。僕よりも年上のおじさんのひとり飲みはやっぱり多いです。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!