好きな古本屋の閉店



今日は暖かかったですね。半袖の方もちらほらといましたし。ああ、春だなあ。春。待ちこがれている分、春が来たらひとしおの喜びなんだろうなあ。

名古屋市鶴舞に古本屋が集まった一角があります。たまにのぞきに行くのですが、一軒、好みの物が多く揃っている古本屋があるのです。で、久しぶりに行ってみたら、なんと閉店。シャッターにある店主直筆の貼り紙を見てみると、どうやら一ケ月程前に閉店したそうです。30年くらいやっていたようで、さみしいですね。

その古本屋は、広告屋として参考になる古本がけっこうあったもんで重宝していました。毎月でも買いに行ければ良かったけれど、たまにだったもんなあ。そんな客だもんで、さみしいなあというのは、ただの無責任かもしれませんね。今、本当にいい店、いい商品を探しています。お金の正しい使い方を学んでいるのかもしれないなあと中年になって思うのでした。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。明日は日曜日だあ。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!