広告屋の危惧



まだまだ灯油ストーブが手放せません。3月でその出番が終わるだろうから、備蓄の分を使い切らないといけないなあ。ポリタンクを確認しなければ。

フリーランスの広告屋として危惧している事はたくさんあります。中でも、パソコン画面が見にくくなる事態に冷や冷やしています。パソコンワークをやってこそ、売上や利益につながってきますから、その作業が難しくなってくるとなるとそりゃ大変です。今は近視で、眼鏡やコンタクトの世話になっていますが、目の疲れがどうしても出てくるんだよなあ。

目を労りたいけれど、作業したいもんで、休み休みになっていますね。Illustrator作業はそのパーツパーツが細かいし、WEB作業も英文字が細かい細かい。ときおり、しかめた顔のおじさんがパソコン画面に映っていて、いかんいかんとなるのです。うん。60歳になっても現役でいるために、その面がいまから気がかりですよー。同業の方、何か良い対策があれば教えてくてくださいませ。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとうございます。まあ、60歳でパソコンしてるのもかっこいいよなあ。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!