餃子居酒屋へ



雨が降らないですね。乾燥した日々が続きますので、肌がパサパサして大変です。室内でも加湿を心がけるといいとわかっていますが、そもそも加湿器が我が家にはありません。ふふ。

時代の縮図のような餃子居酒屋へ1杯飲んできました。スタッフは全て海外の方でネパール出身と名札に書いてありました。お客さんはというと、30代と思しきカップルの男性は紫煙をまき散らかし、10代のカップルはお互いがスマホに夢中だし、女上司を囲っての会社の飲み会らしきグループもいたし、パッとしないサラリーマンがちらほらと。ああ、未来はどうなるんだろう。

頼んだ餃子は一向に出てこず、後から注文した隣の客の餃子が先に出てくる始末です。まあ、しょうがないかなと思っていると、次から次へと僕の注文が飛ばされて、違う客の料理が出てくるじゃあありませんか。あらら。しばらくすればそのスタッフは仕事に慣れてくるだろうけど、税金を払って日本社会に貢献するかとなると難しそうです。少子高齢化に加えて、海外の方を労働力として受け入れた社会の形を、もっともっと考えていかなければと思いましたよ。

今日も僕のブログにお越しくださりありがとございます。昔、仕事を一緒にやった海外の方は今どうしているのかな。



「いいね!」と思ったら、この記事をシェア&ブックマーク!

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

メディアクリエイターを目指して、日々においてブログを更新中。出没スポットは、愛知県一宮市を中心に、名古屋市などを含めた東海エリアです。自身の体験が、ブログの情報ソース。また、情報収集は、ネットニュース、本や雑誌、普段の会話です。立ち上げ当初のカテゴリーは、料理、農業、ワードプレスですが、コンテンツを総花的に増やしていきます。